和食」カテゴリーアーカイブ

宮崎県宮崎市にある「一平」はレタス巻発祥の寿司屋

宮崎市にある瀬頭交差点を市役所方面へ、数十メートル進み左に曲がると「一平」という看板が見えてきます。
一平は、宮崎ソールフードととも言っていいレタス巻発祥のお寿司屋さんとなります。

店名:一平
住所:宮崎県宮崎市松山1丁目8-8
電話:0985-25-2215

宮崎へ帰省する際、一平さんは良く出向き、レタス巻を食べに行きます。
レタス巻は、宮崎人として当たり前のソウルフードで、おそらく県民のかたは、小さい頃から口している料理であることは間違いありません。

今となっては、たいがいどのお寿司屋さんでも、レタス巻は注文表に載っているのが当たり前となってしまいましたが、一平は元祖、レタス巻の発祥店となり、間違いなく味が違います。

一番違いを感じるところは、レタスです。
市販のものではなかなか難しい事は重々理解してますが、とても新鮮で、瑞々しくて、噛むと非常に甘身を感じるレタスと、それを際立たせるマヨネーズのハーモニーは絶妙です。

一平はお寿司屋さんとなりますので、魚介中心のおにぎりをしっかり食べるところになりますが、我が家の場合、最後の〆は必ずレタス巻3人前。
これで十分です。

周りのお客さんもよく注視してみると、レタス巻を最初から注文し、それで帰られる方も結構いる気がします。
それくらい美味しいレタス巻です。

宮崎ソウルフードであるレタス巻を、一平でお試しください。

しゃぶ菜 プライムツリー赤池、日進市にあるしゃぶしゃぶ店にリピート訪問

前に行き、GoToEatキャンペーンでリピート訪問した「しゃぶ菜プライムツリー赤池」。
しゃぶ菜、すごく好きなんです!
理由は安価で満足できるしゃぶしゃぶ店だから。

しゃぶ菜の平日夜の豚肉食べ放題は、1799円+税。
+400円でお寿司つきにもなりますが、お寿司なしでもお腹いっぱいになります。
お店では子供だけ飲み放題つけてOKと聞いたので、ドリンクバーをつけました。

しゃぶ菜の野菜はビュッフェになっていて、席を立ってとってきます。
ねぎ、白菜、もやし、意外なところでは里いももあったりします。
子供たちはうどん、中華めんを昆布だしと豆乳だしにしていただきました。

しゃぶ菜は、お肉もロース、バラが来るほか、つくねも3本ついてきました。
家族で行き、大人2人+小学生1人+未就学児1人だったので、料金分の3名分なんだと思います。

お肉もおかわり自由。
とはいっても、野菜をたっぷり食べたのでお腹いっぱい……。
子供はごはんにふりかけをかけたものをおかわりしていたりして。

子供のドリンクバーはデザートもついていて、ソフトクリームマシンで上手にソフトクリームを作っていました。
しゃぶ菜は、ビュッフェにしては割安だと思います。

店名:しゃぶ菜 プライムツリー赤池
住所:愛知県日進市赤池町箕ノ手1 プライムツリー赤池2F
電話:052-800-5581

まるさん松本、本拠地である宝塚南口に帰ってきた激ウマな海鮮料理店

もともとは、兵庫県芦屋市東山町に店舗を構えたおられたまるさん松本が、満を持して、故郷に錦を飾るべく宝塚南口に戻ってきてくれました。

じつは、まるさんという屋号で、40年ほど前から同じ場所で、代々定食屋さんをされていたようです。
私も幼い頃、仕出しを注文し、いただいた記憶があります。

ちなみに、まるさん松本のおすすめ料理は、何と言っても、お昼の時間帯限定のお魚と天ぷらと小鉢とご飯のセットになった定食メニューです。
とくに、のどぐろを使ったものは、鮮度だけでなくボリュームもあり、2000円という価格が嘘みたいに贅沢な気分になれるため、おすすめできます。

なお、お魚は焼くのか刺し身にするのかなど、個別にオーダーすることができますので、半分ずつといった要望にも対応してもらえて感無量でした。

また鮮魚だけではなく、まるさん松本もう1つの隠れた人気メニューがセットに付いてくるあら汁です。

魚のあらがこれでもかというほどたっぷり入った大満足な一品で、特筆すべきはそのサイズ感です。
これだけでも相当お腹がいっぱいになること間違いありません。

まるさん松本は、接客サービスもいなせな感じが好印象でした。

店名:まるさん松本
住所:兵庫県宝塚市梅野町1-29
電話:090-9160-3937

牛しゃぶしゃぶ・すき焼専門店 禅、札幌大通りびある食べ放題しゃぶしゃぶの店

店名:牛しゃぶしゃぶ・すき焼専門店 禅
住所:〒060-0062北海道札幌市中央区南2条西1 山口中央ビルB1
電話:050-5834-2788

禅は札幌大通り駅からすすきの方面に5分ほど歩いた立地で、買い物帰りや二次会にも便利な場所にあります。
広々とした店内には、テーブル席や掘りごたつもあり、いろいろなニーズに答えられると思います。
掘りごたつの席は、80名くらいの宴会も可能とのことなので、ある程度のグループにも適しておりますし、個室もありますので、接待や少グループでも良いです。

禅で一番おすすめなのが、上国産牛食べ放題になり、4400円で国産の牛肉を食べ放題であればコスパとしても非常に良いと思います。
肉は柔らかくて、すぐ火が通るのと、しゃぶしゃぶなのでたっぷり食べてしまいます。
その上の黒毛和牛でも2000円ほどプラスで食べられるので、周りで頼んでいる人も多く見かけました。

しゃぶしゃぶだけでも満足ではあるのですが、禅は特製ビーフシチューもかなりおすすめで、トロトロのお肉に深みのあるシチューが絶品でした。
そして、もう一つのおすすめが牛トロ握りで、癖のないお肉の味がたまらないです。
禅の店員さんも元気よく感じが凄く良いお店です。

おたる亭 本店、札幌すすきの真ん中の好立地にあるお替り寿司の大人気店!

店名:おたる亭 本店
住所:〒064-0804 北海道札幌市中央区南4条西3丁目8-1 ニュー北星ビル
電話:011-241-6200

おたる亭の場所は、札幌繁華街の中心にあり、その後に二次会等にも便利な場所になります。
海鮮居酒屋といった感じで、北海道の新鮮なお刺身や海鮮鍋、グレードを上げれば立派な蟹も食べられます。

おたる亭の一番の人気は、「お替り寿司」なるもので、コースを注文すると一通りあるお品プラスお寿司が食べ放題になり、テーブルに運ばれてきたものを食べ終わったらお替りを注文するスタイルでした。

このお寿司も、新鮮なネタを使っているだけに、食べ始めたら止まらなくなるのですが、贅沢な事を言わせていただくと、ネタを指定できないというところで、どれも美味しいのですが、たまにリピートしたいネタがあったりするので、強いて言うなら改善出来ればと思いました。

ドリンクも充実しており、北海道の地酒も飲み放題に含まれているので、おたる亭はかなりお得感があります。
コースが大体5000円くらいで、蟹などのグレードアップだと1万近くになりますが、はっきり言ってスタンダードで満足できる内容です。

おたる亭は個室もありますので、団体で利用するのもおすすめです。
北海道内の方はもとより、旅行の際にも非常に満足度の高い北海道らしい居酒屋だと思います。

美食追心 味彩、半田市にあるゆっくり寛げる和食料理店

店名:美食追心 味彩
住所:愛知県半田市花園町1丁目9-10
電話:0569249500

味彩は隠れ家のように少し奥まった住宅街にあるお店です。
駐車場は狭めですが、第2駐車場があるため車できたかたでも心配はありません。

味彩は外観からも落ち着いた雰囲気と見れる和食のお店ですが、内観も掘りごたつの席や、座敷があり、様々なお客さんが寛げる空間が広がっています。
ほとんどの席が嬉しい個室になっています。

そのため、気は遣いますが子どもと一緒でも大丈夫です。
予約の際には一度子供もいるということを伝えた方が故人のおみせだし、よさそうな雰囲気です。
個室は五名以上からなでした。

店内からもわかるように、味彩は美味しいお店だと悟ります。
清潔に行き届いたところを見ると、奥さんがしっかり切り盛りしているんだろうなぁもと感じました。
親戚のお祝い事や、接待などで十分通用します。

そんな味彩ですが、利用しているランチはとてもリーズナブルでボリュームがあります。
そして、ヘルシーな内容なのにたくさん盛り込まれた、テンションがあがるようなメニューにすぐには決めることができません。

毎回おいしいので、これ!とおすすめが難しいですが、味彩の魚介類は間違いなく自分では出せない味を体験することができます。

珍竹林、京都市河原町のこじんまりした古民家でいただくおばんざいと雑炊

店名:珍竹林
住所:京都府京都市下京区船頭町23
電話:050-5872-5690

珍竹林は京都の河原町、高瀬川沿いにある小さな古民家のお店です。
川沿いの席を予約できると、川を眺めながら食事をいただけます。
他に、囲炉裏のついた4人からの席もあります。

珍竹林の店内は古い梁や柱が味わい深く、囲炉裏もあって古民家の雰囲気を満喫できます。
程良い広さで、ざわざわせず、お子様NGのお店なのもあり、静かめにリラックスできる空間です。
日本酒も置いてありますが、珍竹林は居酒屋ではなく、ご飯屋です。

日本酒もいろいろありましたが、どれも800円から900円と頼みやすい価格。
利き酒セットというのがあって、3種類をちょっとずつ味わえるのも人気です。

珍竹林の食事のおかずメニューは、茄子田楽、生麩田楽、鶏の竜田揚げ、たけのこの入った和風バーグ、里芋の揚げだし、きんぴら、高野豆腐など、どれも素材の味を生かした素朴なおいしさの料理。
一品ずつ頼めて、500円から600円というのも嬉しいところです。

そして、締めは雑炊です。
鳥雑炊、豆乳雑炊、とり雑炊、かに雑炊などがあります。
季節限定の雑炊もあり、冬だと牡蠣雑炊がありました。

+50円で卵付きにできます。
また、+100円で大盛りにできます。大盛りを2人でシェアしても良いでしょう。

珍竹林はリーズナブルなので、飲んで食べても、1人2000円から3000円で収まります。
ただ、少人数でやっているお店なので、注文から品が出てくるまでそんなに早くないですし、店員さんも忙しそうなので、のんびり時間がある時に行くのがオススメです。

また、営業時間も早めに終わるので(私が行った時は9時まででした)、早い時間に予約していくのがベストかと思います。